ファゴット​リードの作り方

| 第3部 リードの作り方(削り方)
​ ~刃物を使って仕上げる~

IMG_4707.jpeg

ナイフは、リードを削る専用のナイフ以外も使えます。

​それぞれのナイフ、ヤスリの使い方について紹介していきます。

1. リードナイフの使い方

​左手の親指でポイントを作り、右手をひねるようにして​削ります。

2. たとえば包丁でも削ることができます。

3. アーミーナイフも曲線部分を使うと便利です。

4. ナイフで削る方向は、送り出すのと、手前に引いて削るのとで使い分けます。

5. Andante e Rondo社製の工具、「リードスクレーパー」を使って削ります。

6. リードのセンターと端の間(カナル)をリードスクレーパーで削ります。

7. 棒ヤスリの使い分け

8. 棒ヤスリ(甲丸大)の使い方

9. 棒ヤスリ(甲丸小)の使い方

10. プラークの種類と使い方

金属とプラスチックのプラークを使い分けます。
棒ヤスリで削る時は金属プラーク、ナイフで削るときはプラスチックプラークを
使います。最後の仕上げでプラークを入れない方法もあります。(9の動画の後半を参照)

11. 細い丸棒ヤスリでチューブの内側を滑らか(きれい)にします。